残暑が厳しいです

query_builder 2021/08/23
ブログ
夏バテ

横浜市の小さなプライベート鍼灸院、はな鍼灸治療院です。  


8月もあと1週間ほどになりましたが、まだまだ毎日暑い日が続いています。


コロナ感染は収まるどころか拡大を続けています。この夏は他府県への移動を極力控えようと、また、なるべく外出しないようにと冷房の効いた室内でこもっていた人も多いのではないでしょうか?たまに外へ出ると外気の気温と室内の冷房による気温の変化に身体がついていけないというお声を耳にします。 また、普段できなかったガーデニングやDIYに夢中になり暑さで冷たいものがついつい欲しくなり、ちょっと胃腸の調子が悪くなってしまったというお声もありました。  


健康のために大切な体温調節

東洋医学では、人間の体表から身体の奥まで全身くまなく存在し、体表面を保護して邪気の侵入を防ぐ、汗腺を開閉して体温調節を行う、体表や内臓を温めるなどの働きをするのは「衛気」(免疫機能をになうといわれています)の働きであるとされます。  


冷房の効いた室内に長時間こもっていると、知らぬ間に体表は冷え、さらに身体の奥まで及び「衛気」が体表を温めることができなくなると、身体は冷えから守リ戦うために発熱しときに高熱を発する夏風邪となります。  


冷房の冷気(冷たい風)が毛穴・口・鼻から入り、「肺」に影響すると、「咳が出る」「鼻水が出る」「鼻がつまる」「喉の違和感がある」などの症状が現れます。 


「肺」への影響により肺の機能が虚弱化して体内の水分調整(発汗など)ができなくなり、上半身に影響すると「顔や手がむくむ」下半身に影響すると「足がむくむ」という現象が起こります。 東洋医学では、汗腺を開閉して体温調節をしたり体表や内臓を温める「衛気」や体内への水分コントロールをしているのは「肺」の機能であるとされます。「肺」は冷気などから身体を守り、汗腺を開閉して体温調節を行うとされる「衛気」を体表に散布させます。  


現代医学的には、暑いところから急に冷えた室内に入る、あるいは日々の気温差が大きすぎる、暑い日が続くなどにより、自律神経のバランスが乱れやすくなり体温調整が上手くできなくなります。自律神経や「肺」の機能を整えて、汗をかくことのでき体温調節や体内の水分調節ができる身体を作りましょう。  



◎おすすめの食べ物

暑い日が続くとどうしても冷たいもの、喉ごしの良いものを食べてしまいがちですが、薬味として体を温める効果があるとされているショウガや青じそなどを一緒に多めにとってみてはいかがでしょうか?そして、わかめも一緒に取っていただくとミネラル補給もできます。 また、時には温かいそうめん(にゅうめん)も是非お試しください。 身体を冷やす働きのある旬の食べ物として、このところ豪雨の被害のよりお野菜が高騰していますが、キュウリ、トマト、ナス、ゴーヤなども是非食べていただきたいです。 夏バテにより弱った身体には、おくら、山芋、ジュンサイなどのヌルヌルネバネバ系の食べ物もおすすめです。 食べることで栄養の不足を補い、身体を作ります。ささっとあっさり済ませたいのはとてもよくわかります。でも、あと少しでやってくる秋を健康に過ごすためにも、今の猛暑の食生活を大切にしてほしいと思います。  



◎こんな時は

熱はない、咳もまだ出ていない、体表が冷えていてもしかしたら危ない、乾燥して皮膚が時々かゆいなどちょっといつもと違うな!と思ったら、肘から親指までの間をもう片方の手のひらで覆って優しく肘から親指方向に8から10回さすってください。(朝晩+気になったとき)肺の経絡は腕の内側の肘から親指の間の体表から浅いところを流れています。また、手のひらで腕の外側を覆うことで、大腸の経絡にも影響します。試してみてください。


NEW

  • お肌のトラブルが気になる季節です

    query_builder 2021/09/07
  • 残暑が厳しいです

    query_builder 2021/08/23
  • 暑い日が続きます

    query_builder 2021/07/26
  • 湿邪の季節はお灸で元気に!

    query_builder 2021/07/07
  • 梅雨入りも間近です

    query_builder 2021/06/03

CATEGORY

ARCHIVE