モヤモヤ、イライラしやすい時期です。

query_builder 2021/04/25
ブログ
ブログ 新緑②



横浜市の小さなプライベート鍼灸院 『はな鍼灸治療院』です。




早くも4月はもうあとわずか。新緑の季節になりました。

 

4月から新しい生活がスタートし、環境にも慣れてきた人、なかなか慣れず、早くも期待との違いに悩みを感じ始めてしまう人などこの時期は様々な心情がうかがえる時期です。

さらに昨年から引き続き感染症対応や在宅ワーク、在宅での授業など、自宅で過ごす時間も長くなっていることと思います。

 

身体を動かす機会がなく、人とのコミュニケーションの取り方も実際に合うのではなくリモートが多くなり、「自宅にこもる」時間が多くなるにつれ、体調不良を感じる方も増えてきています。

何を隠そうこの私も、昨年1年間、趣味のマラソンも大会が全て開催されず、練習をすることに対するモチベーションはなくなり、何と体重がプラス5㎏!!!健康のことなど患者様に話せるのでしょうか?!という状況になってしまいました。

 

この時期は気温も朝夕の低温に比べて昼間は夏日の状況になるなど、とても不安定です。新しい環境への不安感や絶望や緊張感、精神的にも落ち着かないし、ストレスが溜まりがちです。わけもなく落ち込んだり、イライラしたり、自分の気分の変化にさらに悩んだり・・・

 

今は、このような気分の変化が起こりやすい季節でもあります。

 

東洋医学では「気」というものが身体の中を巡っていて、その流れが良い状態が、より健康な状態と考えます。この気が滞った状態を「気滞」と言います。

 

「気滞」の状態になると、気分が優れない、イライラする、不眠など精神的な抑うつ状態がみられたり、ゲップやおならが良く出る、「気」がお腹に溜まると張ったような痛み(脹痛)が見られます

 

こんな時は、いち早く自分の身体の不調を感じ取り、この「気滞」を取り除きましょう。「気」が滞った状態である「気滞」を取り除くのも「気」の働きです。

 

「気」には「推動作用」(すいどうさよう)という働きがあり、身体の「気」「血」「津液(血液以外の体液)」を動かしてくれると言われています。「気」「血」「津液」がうまく巡っていることで人は健康な身体と精神を保つことができるのです。

 

適度な運動、偏りのない食事、良い睡眠は良い「推動作用」を維持します。でも、「そこがうまくいかないなあ」と感じたときは、東洋医学の治療を受けてみてください。

 

鍼灸治療や今話題の吸い玉治療、整体でも「気」「血」「津液」の巡りを整えるお手伝いができます。我慢をしないでくださいね。

 


NEW

  • query_builder 2021/10/19
  • お肌のトラブルが気になる季節です

    query_builder 2021/09/07
  • 残暑が厳しいです

    query_builder 2021/08/23
  • 暑い日が続きます

    query_builder 2021/07/26
  • 湿邪の季節はお灸で元気に!

    query_builder 2021/07/07

CATEGORY

ARCHIVE